ふたりの記念日にはペアシャンパングラスで乾杯を

シャンパングラス

シャンパンを美味しく楽しむ為にあるのがシャンパングラスです。

綺麗なグラスで飲むシャンパーニュは幸せな時間を与えてくれます。 シャンパングラスにはリーデル、ロブマイヤー、バカラ、クリストフルなど 素敵なものがあり、二人の記念日にそれらのペアシャンパングラスで乾杯 すればきっと良い思い出になるでしょう。 質の良いシャンパングラスは基本的に薄くどっしりしていますので、 それだけに扱いも難しくなります。 しかし品のあるペアシャンパングラスから得られる喜びは格別です。 シャンパンなどスパークリングワインに使われるグラスは、ホテルでも口の広い ソーサー型と呼ばれるラッパ型のものが多く使用されています。 ソーサー型は短時間に多くの客席をついで回るのに便利ですので、 パーティー会場での進捗には都合がよいのですが、口が広いのですぐに 気が抜けた状態になり、香味を楽しむには適しません。 フルート型のグラスはその逆で、ワインと空気が接触する面積を小さくして 炭酸ガスの発散を抑えることで味を長持ちさせます。 大人数で乾杯をするならソーサー型のシャンパングラスが適していますが、 自宅などでじっくりスパークリングワインを味わって飲むためには、 縦に細長いフルート型のグラスを選ぶべきでしょう。 また結婚式ではシャンパンサーベル(champagnesaber)という演出があります。 これはサーベル(刀)でシャンパンボトルの口をカットする演出で、 中世フランスの海軍の出航出初め式で行われていた儀式です。 船長のサーベルでシャンパンの首の部分を切り落とし、航海の無事と戦いの 勝利を願って祈ったことが起源とされます。 結婚を新しい船出と見たて、ソムリエもしくは新郎が空けたシャンパンで みんなで乾杯をするこの演出は、シャンパンサーベラ-ジュともいいます。